私のケータイ故障から修理にかけての体験談について

私は、社会人になっても会社で出会った彼女に制限される形で未だにガラケーを使用しております。彼女が私にガラケーを持たせる理由としましては、今ではスマホの出会い系アプリ等で、最短一時間で出会えたりするマッチングアプリや一日以内で出会えると言ったアプリがあるので、元々出会い系をしていた私には危ないと言うこと

アイフォン修理彦根で探したお店で画面を直した

で、ガラケーを持たされております。そんなガラケーを持たされて使用している際に私は日々スマホを使えない鬱憤がたまっていくような形になり、ついに爆発するような形で彼女に対してスマホを持たせて欲しい!と強調するような形で彼女と対決するような形になってしまいました。その時にガラケーを持ちながら相手は、スマホを持ちながらお互い説明しながら口論に発展していき、最終的には、お互いスマホとガラケ

買取りをしてもらいに滋賀県で有名なお店にアイフォンを持って行った。

ーをお互いが掴み合って落としてしまうような形となり、その際にかなり強い衝撃を与える形になってしまいました。そこで始めてガラケーが強い衝撃で破損する形になり、電源カバーの所が外れて衝撃でしまらなくなってしまい故障してしまいましたので、幸いにも補償サービスに加入しておりましたので、壊れたガラケーを修理に出して新調して頂きました。